ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

鋳型の完成・・・制作記九十九

f:id:jikiningyou:20170806200442j:plain

型が乾いたら、鋸で四隅をぶった切ります。

型をゴムで縛り、切る位置に

鉛筆で線を引いておきます。

 

石膏は濡れているときの方が柔らかいので、

ある意味切りやすいです。

 

しかし今回のように切断距離が長いと

水分の影響で刃がくっついて

動かなくなります。

そのため事前によく乾かしておきましょう。

 

季節や大きさにもよりますが、

だいたい二~三週間で乾くと思います。

 

私はこないだまで修行に出ていた間、

二カ月以上ほったらかしていたので

十分に乾いております。

 

 

f:id:jikiningyou:20170806201239j:plain

四隅をそれぞれ、半分まで切ったらひっくり返し、

残り半分を切ると良いでしょう。

 

私が使っている鋸は切れの悪くなった

木工用のノコ刃を石膏用として

再利用しております。

 

石膏は軟らかいので、何でも良いと思います。

 

 

f:id:jikiningyou:20170806201940j:plain

八角に切れました。

見た目にもすっきりしたでしょ?

切れ端を量ると、1559グラムほど

減量できたようです。

 

 

f:id:jikiningyou:20170806202141j:plain

切った個所を線のところまで

穴ヤスリを使って削っておきます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170806202322j:plain

穴ヤスリは目が荒いので、私は

仕上げにスクレ-パーでならしました。

実用的には別にすべすべにしておく

必要はないです。

 

 

f:id:jikiningyou:20170806202617j:plain

一度型をばらし、余計な石膏屑を払って

掃除しておきましょう。

 

最後に固く絞った布巾で、型の外側に付いた

石膏の粉を拭っておきます(内面は拭かない)。

 

これで鋳型は完成です。

・・・あと二十個くらい作るのか。

うわー、めんどくさーい。

 

===================

 

f:id:jikiningyou:20170806210925j:plain

そもそも何故面取りするかというと、

一つは軽量化のため。

 

もう一つは泥漿の着肉を

なるべく均一にするためです。

 

図のように花瓶を作る場合、

型の厚みが均一になるよう、

青い斜線の部分は削っておくのが

丁寧なやり方です。

 

型の厚みを均一にすることで、

水分の吸われ方が均等になり

生地の厚みも均一になります。

 

瀬戸の型屋さんのやり方を見ると、

こうやって制作物の形状に合わせて

型全体を削っていたりします。

 

 ただ工場と違って個人作家は、

手加減で調節しながら

だましだましやれば良いので、

ここまで丁寧にやる必要はありません。

 

私個人的には軽くするのと、

体積を小さくして扱いやすくする方が、

意味合いとしては大きいです。