ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

カリ石鹸を塗るよ:制作記九十四

f:id:jikiningyou:20170525190358j:plain

えーっと・・・どこまで話したっけ。

次は・・・カリ石鹸か。

 

確か前々回の記事で石膏取りの際、

水を吸収する素材に対しては、

離型材にカリ石鹸を使うと書きました。

特に石膏にはカリ石鹸が有効です。

 

しかし、ただ「カリ石鹸を塗ります」というだけでは

解説としては不十分です。

ただ塗っただけではちゃんと離型出来ない

可能性が高いからです。

 

そこで今回の記事では、

石膏取りにおけるカリ石鹸の使い方に

焦点を当てて解説致しましょう。

 

≪実践法≫

一、型の分割面に、水に溶いたカリ石鹸を

刷毛でぬります。

f:id:jikiningyou:20170525183834j:plain

泡立てながら石膏になじませるように、

たっぷり塗ると良いでしょう。

原型や粘土には塗る必要ありません。

 

 

二、全体にしっかり塗れたら、一度スポンジなどで

塗ったせっけん液をきれいに拭き取ります。

(重要)

f:id:jikiningyou:20170525185715j:plain

石鹸成分が残っていると、型離れが悪くなります。

 

三、拭きとった後、乾いた布で表面を磨く。

f:id:jikiningyou:20170525184703j:plain

 

四、一~三の工程を繰り返し行う。

繰り返す回数は、表面がツルツルなら

二回もやれば大丈夫ですが、荒れている場合は

四回くらいやった方が良いです。

 

 

 

今回の場合は、三回くらい繰り返せば

よいでしょう。

とにかく布で磨いたあと、光沢が出るまで

やれば大丈夫です。

 

一番上の画像のように水滴が、玉になって

はじくようであれば、成功です。

確実に外れるでしょう。

 

それと、何で石鹸を塗ってから、

また拭きとっちゃうの?

と思う人がいるかも知れません。

 

石膏にカリ石鹸を塗る目的は、

表面に離型材の層を作るというより、

石膏の性質自体を水をはじくように

変えてしまうと言った方が良さそうです。

 

私も科学的なことは知りませんが、

石膏の主成分である硫酸カルシウムと

石鹸が手をつなぐことで、手の反対側が

水をはじくようになる、というのが

私の勝手なイメージです。

 

詳細な理屈は知りませんが、とにかく

石膏と手をつなぎ損ねて余った石鹸が

表面に残っていると、型離れが悪くなるんです。

 

*-*-*-*-*-*-*

 

ついでに初心者さんのために

石鹸の溶き方も説明しておきましょう。

 

このあいだカリ石鹸を切らした所なので、

ちょうど良いです。

とは言っても大した話では無いのですが。

 

 

f:id:jikiningyou:20170525195842j:plain

先ずカリ石鹸を用意します。

画材屋などで入手できます。

・・・うわー古くなって劣化してるよ。

まあ普通に使えるからいいですが。

 

 

f:id:jikiningyou:20170525195824j:plain

容器の三分目から五分目くらいまで、

石鹸を入れます。

本当はこんなにドロドロではなく、

新しいのはジャムみたいにぷりぷりしています。

 

 

f:id:jikiningyou:20170525200237j:plain

お湯を沸かして、瓶に入れ

蓋をしてから良く振って

石鹸が溶けるまで混ぜます。

 

これを石膏に塗ると水をはじくようになります。

一度作っておけばずっと使えます。

 

 

続く。