ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

続・胸部の型取り・・・制作記八十八

f:id:jikiningyou:20170515225840j:plain

更新が途絶え気味で、すみません。

型取り作業は、ぼちぼち進んでいるのですが

毎日記事を書いている余裕がなく

ご迷惑をおかけしております。

 

さて、原型を埋める際、私のやり方では

最初は全体を埋めずに、寄せ型周辺は

後で外せるように、ひとまず残しておきます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170515230640j:plain

四方の縁部分は、後で組む板枠が

直角に組めるように、

スコヤと適当な板を使って

粘土を付けていくと良いでしょう。

 

 

f:id:jikiningyou:20170515231059j:plain

鋳込み口も作ります。

 

このときの注意点としては、

口の開いた形状の花瓶や鉢などを

作る場合と違い、球体関節人形の場合は

鋳込み口が細く狭いということです。

 

 

f:id:jikiningyou:20170515234214j:plain

鋳込み口が細い場合

図の左側のように、本体との境目が鋭角であるほど

乾燥によって、亀裂が入る危惧があります。

 

鋳込み口を上に向かってすぼませれば、

その点では問題ないのですが、

この場合だと、それでは口が狭くなりすぎ、

排泥の際、詰まりやすくなります。

 

ではどうするかというと、右側のように

途中でくびれを作って、そこに

亀裂を逃がすようにしておくのが、

丁寧な作り方です。

 

 

・・・続く。