ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

研ぎ方の補足・・・制作記八十

f:id:jikiningyou:20170420121657j:plain

思い出した。

なんか時間のロスが多いなと

思いながらやっていたのですが、

適正なサフの盛り方をしていませんでした。

 

効率のいいやり方は次の通りです。

上の画像の矢印で示したあたりに盛ってみます。

まあ、頭頂付近は髪の毛で隠れるので、

本当はこのくらいの仕上がりでも良いのですが・・・。

 

 

f:id:jikiningyou:20170420135123j:plain

先ずは一旦筆で置くように盛ってみます。

この後乾いたら、すぐに研いでしまっていたのですが、

それだと時間のロスが多いです。

 

f:id:jikiningyou:20170420122153j:plain

乾いた後ヒケが起こっているので・・・

 

f:id:jikiningyou:20170420122240j:plain

そこへさらにサフを置き、筆で撫でながら

形を整えます。

 

f:id:jikiningyou:20170420133150j:plain

概念的にはこうです。赤の破線が

出来上がりの形だとします。

それより少し高いくらいまでサフを盛っておきます。

 

あまり盛りすぎても後で研ぐのが大変なので、

ほどほどにしておきます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170420133443j:plain

乾いてもう一度塗るときに、先に盛った部分が

出っ張りすぎているようであれば、筆で撫でてならし、

足りないようであれば、さらに高く盛ります。

 

いずれにせよ筆を使って、撫でることで

成形する感じです。

 

 

 

f:id:jikiningyou:20170420133821j:plain

その後研いで仕上げます。

研いだ後に窪みが残っているようであれば

再度同じことを繰り返します。

 

全体にサフを吹くのは、研ぐうちに、

地の石膏の色と、サフの被膜の色が斑になって、

形が見えなくなった時です。

 

特に初期段階はすぐにそうなるので、

その都度リセットしましょう。

 

 

 

f:id:jikiningyou:20170420140108j:plain

・・・こういうポツポツっとした

凹みができていれば、仕事が適正です。

この窪みをヤスリで消そうとすると、

どんどん形が崩れていきます。

 

f:id:jikiningyou:20170420134915j:plain

凹んだ部分は、削るのではなく

埋めるというのが、適正な造形です。

 

・・・画像でも造形の生々しさが

伝わるでしょうか。