読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

球体関節人形の作り方・張り込み編 第二回

張り込み技法の続きです。 

《実践法》

一、粘土を練る

f:id:jikiningyou:20170309002753j:plain f:id:jikiningyou:20170309002823j:plain

型の準備ができたら、粘土を練ります。

 

作例ではラドールを使っています。

買ったばかりのままでは少し硬いので、

適当な水分を加えてちょうどいい硬さに練っておきます。

 

曲げたときにヒビが入らないくらい、

フニフニ軟らかい状態が作りやすいです。

 

重要なのは、とにかく均一な硬さに練ることです。

均一に練れていないと、乾燥時に

歪む原因になります。

 

しっかり練ることが出来れば、やり方は何でも良いのですが、

陶芸家は、先ず荒練りというものを行います。

 

荒練りは検索すれば、youtubeで見れるでしょう。

そんなに難しいものではないので、

動画を見れば、ほとんどの方が出来ると思います。

 

粘土の硬さが均一になったら、最後は菊練りなどで

空隙を除いておいた方が無難であると思われます。

 

ただ、いわゆる菊練りだとうまくいきません。

石粉粘土は感触が磁土に類似しているので、

私は磁土の練り方に近い方法で対処します。

 

出来ない人はこの練り方(名前が分からない)でも

うまくいくと思います。

 

実は菊練等で気泡を抜かない場合、

やったことがないので、どうなるかは分かりません。

均一に練れていれば、意外と平気な気もします。

やらなくても良いのかもしれません。

 

 

二、粘土をのばす

f:id:jikiningyou:20170309002950j:plain f:id:jikiningyou:20170309002953j:plain

粘土はあらかじめ粘土板にたたきつけて、

なんとなく四角くしておきます。

その後で必要な量を切り取ります。

 

石塑はケバが入っているため

ワイヤーではうまく切れません。

そのため、粘土の両脇にたたらを置いて

めん棒でのばしていきます。

 

f:id:jikiningyou:20170309003142j:plain

画像のたたらは5ミリ厚のものを使っていますが、

パーツの大きさによって、厚みを使い分けましょう。

この作例では手、腕、上腕、足、脛は四ミリで、

それ以外は全部五ミリです。

 

のばすとき同じ方向にだけ、めん棒をころがすと、

乾燥時に一方向に縮みやすいです。

それを防ぐため縦横に向きを変えながら、

少しずつのばしていきます。

 

もし粘土に気泡が入っていたら、

針で刺して、抜いておきましょう。

 

f:id:jikiningyou:20170309003152j:plain

のばし終ったら、型の大きさにあわせて

剣先等で切ります。

 

続く。