読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

ビスクドール制作記 壱之巻 其の五十三

f:id:jikiningyou:20170210004519j:plain

これから腕を仕上げまーす。

でも書くことが無いでーす。

 

というわけで、今日も

私が使う道具について

解説してみます。

 

お人形は立たせた状態で作るのが、

わたくしの流儀です。

 

そのためには何らかの方法で

お人形を支えなくてはなりませんが、

複数の部品から成り立っているのが

球体関節人形です。

 

そのため普通の人体彫刻を

制作するように、背中の一点で

支えるわけにはまいりません。

 

そこで知恵を絞って考えたのが、

専用の支柱を作って、各部を

一つ一つ支える方法でした。

 

 

f:id:jikiningyou:20170210004608j:plain

二本の柱を立てるのが特徴なので、

二本支柱と呼んでいます。

支柱の各部分の(私が勝手に呼んでいる)

名称は上記の通りです。

 

最初に作ったときは、基部に

四角いほぞ穴を二つあけて、

そこにアルミの角管を差して

いました。

 

 

f:id:jikiningyou:20170210004801j:plain

しかし現在はL字のアルミアングルを

ネジ留めしています。

 

これなら使わないときは、

ネジをはずして、押し入れに

しまっておけます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170210004815j:plain

裏面にはキャスターを付けています。

 

単に向きを変えるだけなら、

手ロクロなど回転盤に乗せて

作れば良いです。

 

しかし私の場合、向きを変えるだけでなく、

位置の移動も出来るようにしておく

必要があります。

 

キャスターの高さは、それぞれ

微妙に違うため、台の高さが

変わってくるのではないだろうか?

 

最初はそう考えたりもしたのですが、

意外と大丈夫なようです。

微妙に四つの角の高さは、違うのですが、

誤差の範囲内です。

 

 

f:id:jikiningyou:20170210005439j:plain

動いてほしくないときは、

ゴムの楔(ドアストッパーを切った物)

を挿しておけば、固定できます。

 

ただ、粘土はかなり重たいので、

よほど小さくて軽いお人形でなければ、

固定する必要はないと思います。

 

続く。