読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

ビスクドール制作記 壱之巻 其の四十

f:id:jikiningyou:20170128025452j:plain

部品が仕上がったら、一度原型を粘土から石膏に置き換えます。

粘土原形のままでは、やすりがけができないので、いきなり鋳型を作ってしまうと、表面が荒いものになってしまいます。

先ずは割り線(パーティングライン)を書いていきます。スコヤを使うとよいでしょう。

鋳型を作るときと違って、この段階ではそんなに厳密にやらなくても良いです。

 

f:id:jikiningyou:20170128025725j:plain

原型から少し離した位置に、割り線の高さくらいまで粘土を盛ります。

この粘土は、石膏屑が混入してもいいように、原型用とは別に型取りのものを使いましょう。

 

f:id:jikiningyou:20170128025911j:plain

次に粘土で三角形の紐を作り、中心から二分割します。

 

f:id:jikiningyou:20170128030035j:plain

二分割してできた紐の角を、割り線に沿って、くっつけていきます。

 

f:id:jikiningyou:20170128030220j:plain

ひもを付けたら、表面を平らにならします。

 

 

f:id:jikiningyou:20170128030456j:plain

原型から十五ミリくらい離れた位置に、石膏がこぼれないよう、切り金を差していきます。

さらに粘土を使って要所に堤防を作ります。

玉にはすでに防水処理が施してあるので、カリ石鹸は塗りません。

まだであれば石鹸で離型処理をしておきます。

 

これで型取り準備完了です。