読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

ビスクドール制作記 壱之巻 其の三十九

原型 制作記

f:id:jikiningyou:20170126222711j:plain

完成品は玉の受け部分に、クッションとして皮を貼ることになります。

そのため原型段階では、革の厚み分として、すこし玉受けを削っておかなければなりません。

削る量は一ミリ程度です。削った後は今まで納まっていた玉より、半径一ミリ大きい玉をあてがっておきます。

今私のやり方では、このためにいっぱい玉を用意します。玉は一度作っておくと使い回しができます。

以前は石膏原形の段階で、帯状に切ったペーパーを玉にあてがって、ぐりぐり削っていました。それでも良いと思います

ただ、惰球の場合はそのやり方では上手くいかないので、半径一ミリ大きな玉を、一つ一つ作るようにしております。

 

f:id:jikiningyou:20170126222740j:plain

玉と粘土の境界部分を、面一(つらいち)に加工します。

先ず赤鉛筆で境界線となる部分にをあたりを付けます。この画像ではよく見えませんが・・・。

 

f:id:jikiningyou:20170126222812j:plain

玉をはずし、鉛筆の線に沿って削ります。使うのは安物の彫刻刀です。

削る部分に筆で水分を与えながらやると、石膏が柔らかくなって楽ちんです。

削った個所には、再びニスと石鹸を施しておきましょう。

 

f:id:jikiningyou:20170126222827j:plain

あとは接合部をならして、完了です。