ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

鋳型

鋳型の完成・・・制作記九十九

型が乾いたら、鋸で四隅をぶった切ります。 型をゴムで縛り、切る位置に 鉛筆で線を引いておきます。 石膏は濡れているときの方が柔らかいので、 ある意味切りやすいです。 しかし今回のように切断距離が長いと 水分の影響で刃がくっついて 動かなくなります…

鋳型の仕上げ・・・制作記九十八

型取りが終わったら、角を面取りしておきます。 エッジが立ったままだと、少し触っただけで 欠けたりします。 鋳込み作業中にその破片が泥漿に混ざったりすると 面倒くさいことになるので、必ずやりましょう。 削る道具は何でも良いです。 注意点としては赤…

鋳型作り、完成に向かう・・・制作記九十七

さて、久しぶりの更新なので、 どこからだっけ。 ・・・・・・。 石鹸を塗ったらまた板で囲って しっかりと紐で縛ります。 そして板と型の隙間を粘土で目止めします。 原型には離型材を忘れずに吹いておきます。 まあ、前とやることは同じなので 特に説明す…

反対面を型取りするよ・・・制作記其の九十五

カリ石鹸を塗ったら反対面の 型を取っていきまーす。 まあ、やることとしては 前とおなじように・・・ ・作業台の水平を確認する。 ・鋳込み口を整える。 ・カリ石鹸を塗った板で原型と型を囲む。 ・板を糸でしばる。 ・板の隙間を外側から粘土で目止めする…

続続続続・胸部の型取り・・・制作記九十一

なんだか続が多くなってしまったな・・・。 明日からもっとまともなタイトルを考えよう。 板との間に隙間があるので、 石膏が漏れないように、 棒などを使ってならしておきます。 この段階では粘土が凹んでいても、 後で削れるので、端の部分は しっかり撫で…

続続・胸部の型取り・・・制作記八十九

概ね原型を埋めることができたら、 寄せ型を一旦取り外し、 水に浸け、吸水させます。 こうするのは、型を取ってから だいぶ時間が経ち、乾燥しているため 流した石膏の水分が奪われる危惧があるためです。 それを防ぐため、私は念を入れて やっておりますが…

胸部の型取り・・・制作記八十七

さてと、股関節は無事に出来たので 胸部の型取りに戻りましょう。 鋳型の厚みですが、図で示すように 最薄部で四センチくらいは 必要だと言われます。 小さい型だともっと薄くてもいいのですが あまり薄いと、泥漿が着肉しないので、 この場合は四センチはあ…

股関節が外れないとき・・・制作記八十六

昨日は股関節の玉受け部分が、 がっちり食いついて外れなかったのですが、 その対処法に付いての説明です。 この場合としては、確実に外すためには もう少し大きめに作っておけば良いです。 上の画像のやつは、少し大袈裟ですが、 これくらい大きくしておけ…

寄せ型を仕上げる・・・制作記八十四

昨日は作図している時間がなく、 説明が中途半端でしたが、 ↑こういうことを言いたかったんです。 画像右側のように、型を組むことで 寄せ型が固定されるように作るのです。 こうしておけば、ずれたり 抜けたりするようなことはありません。 対して左側は、…

鋳型づくり、玉受けを作る・・・制作記八十三

赤鉛筆で書いた割線に従って、 玉受けの周囲に粘土で堤防を作ります。 後は石膏を溶いて流し込み、 硬化を待ちます。 肩関節のアンダーカットを避けるため、 この部分に小さな別型を作り、 主型(おもがた)で抱き込むようにするのです。 こういう型を寄せ型…

鋳型作りを開始しまーす。ああ、気が重い。・・・制作記八十二

重い腰を上げて、いよいよ恐怖の鋳型作りです。 毎日五十分づつでも、少しづつ進めよう。 ん。この新聞紙、産経らしく両陛下の写真が カラーで大きく載っている・・・。 これでは使えないな。 代わりに朝日でも使っておきますか。 こういう敷き紙みたいな用…