読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

球体関節人形の作り方・張り込み編 おまけ

張り込み技法とは関係ないのですが、 今日は塗装と石粉粘土という素材の 適否について書いておきます。 結論から言うと、堅牢性、美観、手間とコスト といった点で考えたとき、個人的には 満足できる塗料は見つかりませんでした。 ただ、選べる物の中では個…

球体関節人形の作り方・張り込み編 第七回

今日でとりあえず最終回? 張り込み講座・仕上げの続きです。 まあ、皆さんご存知の内容だと思いますが、 一応最後まで、ざっと解説しておきます。 十一、さらに仕上げる 受けの部分と同様に、玉が収まる部分も 余計な粘土を削ります。 私は、最初に安物の切…

球体関節人形の作り方・張り込み編 第六回

今日も張り込みの続きです。 九、乾燥・第三段階 乾燥が進むにつれて、粘土は硬くなります。 これまで私が解説した要点を押さえていれば、 小さい部品なら、ほぼ歪まずに 適性な乾燥収縮が起こっていると思います。 ただ大きめの部品では、どこか「ん?」 と…

球体関節人形の作り方・張り込み編 第五回

張り込みの続き。 今日は地味に乾燥管理です。 七、乾燥・第一段階 端の部分が乾いて白っぽくなってきたら 型をはずして乾かします。 このとき立てられる部品は、必ず立てて 乾燥させます。 寝かせて乾かすと歪みやすくなります。 このまえ、型の端を平らに…

球体関節人形の作り方・張り込み編 第三回

昨日に引き続き、張り込み講座をお送りします。 三、型に張り込む 均一な厚みに粘土を伸ばしたら、 乾かないうちに手早く張り込んでいきます。 型のエッジに粘土をすらないようにすると 仕上がりが綺麗です。 離型剤のようなものは特に要りません。 指でしっ…

球体関節人形の作り方・張り込み編 第二回

張り込み技法の続きです。 《実践法》 一、粘土を練る 型の準備ができたら、粘土を練ります。 作例ではラドールを使っています。 買ったばかりのままでは少し硬いので、 適当な水分を加えてちょうどいい硬さに練っておきます。 曲げたときにヒビが入らないく…

球体関節人形の作り方・張り込み編 第一回

予告通り張り込み講座を行います。 張り込みというのは型の内側に、 薄い粘土の板を貼り込んで作る成形技法です。 この成形方法は、もともとは(たぶん)陶芸技法ですが、 石粉粘土にも応用できます。 某球体関節人形技法書の二巻にも載っていますが、 こん…

予告!! 張り込み技法講座をやります。

お人形を作るとき、発砲スチロールの中子に 粘土を包む手法を採る方が多いと思いますが、 型の内側に張り込んで作ることもできます。 ↑今回作った型ですが、私は 全てブッ壊してしまいました。 しかしこの型は、ある細工を施すと、 張り込み型として使うこと…