ビスクドール制作記~上級編

新しくお人形を作るので、制作過程をアップするよ。 ビスクドールの作り方に興味がある人は要注目です。 いつ完成するか見ものだネ。

球体関節人形の作り方・張り込み編 第二回

張り込み技法の続きです。 

《実践法》

一、粘土を練る

f:id:jikiningyou:20170309002753j:plain f:id:jikiningyou:20170309002823j:plain

型の準備ができたら、粘土を練ります。

 

作例ではラドールを使っています。

買ったばかりのままでは少し硬いので、

適当な水分を加えてちょうどいい硬さに練っておきます。

 

曲げたときにヒビが入らないくらい、

フニフニ軟らかい状態が作りやすいです。

 

重要なのは、とにかく均一な硬さに練ることです。

均一に練れていないと、乾燥時に

歪む原因になります。

 

しっかり練ることが出来れば、やり方は何でも良いのですが、

陶芸家は、先ず荒練りというものを行います。

 

荒練りは検索すれば、youtubeで見れるでしょう。

そんなに難しいものではないので、

動画を見れば、ほとんどの方が出来ると思います。

 

粘土の硬さが均一になったら、最後は菊練りなどで

空隙を除いておいた方が無難であると思われます。

 

ただ、いわゆる菊練りだとうまくいきません。

石粉粘土は感触が磁土に類似しているので、

私は磁土の練り方に近い方法で対処します。

 

出来ない人はこの練り方(名前が分からない)でも

うまくいくと思います。

 

実は菊練等で気泡を抜かない場合、

やったことがないので、どうなるかは分かりません。

均一に練れていれば、意外と平気な気もします。

やらなくても良いのかもしれません。

 

 

二、粘土をのばす

f:id:jikiningyou:20170309002950j:plain f:id:jikiningyou:20170309002953j:plain

粘土はあらかじめ粘土板にたたきつけて、

なんとなく四角くしておきます。

その後で必要な量を切り取ります。

 

石塑はケバが入っているため

ワイヤーではうまく切れません。

そのため、粘土の両脇にたたらを置いて

めん棒でのばしていきます。

 

f:id:jikiningyou:20170309003142j:plain

画像のたたらは5ミリ厚のものを使っていますが、

パーツの大きさによって、厚みを使い分けましょう。

この作例では手、腕、上腕、足、脛は四ミリで、

それ以外は全部五ミリです。

 

のばすとき同じ方向にだけ、めん棒をころがすと、

乾燥時に一方向に縮みやすいです。

それを防ぐため縦横に向きを変えながら、

少しずつのばしていきます。

 

もし粘土に気泡が入っていたら、

針で刺して、抜いておきましょう。

 

f:id:jikiningyou:20170309003152j:plain

のばし終ったら、型の大きさにあわせて

剣先等で切ります。

 

続く。

球体関節人形の作り方・張り込み編 第一回

f:id:jikiningyou:20170307232151j:plain

予告通り張り込み講座を行います。

張り込みというのは型の内側に、

薄い粘土の板を貼り込んで作る成形技法です。

 

この成形方法は、もともとは(たぶん)陶芸技法ですが、

石粉粘土にも応用できます。

 

球体関節人形技法書の二巻にも載っていますが、

こんな技法は陶芸家なら誰でも知っています。

 

失礼ながらあの本に載っているのは、

しくじりやすいやり方です。

あれでは乾燥で歪んだり、接合部が切れてしまいます。

(実際写真でそうなっている)

 

もっと失敗のない方法があるので

本日から何回かにわたり、それを

ご紹介しましょう。

 

*-*-*-*-*-*-*

 

先ず型を用意する必要がありますが、

昨日までに私が行った方法と、ほぼ一緒です。

 

型を割らないため、割線(パーティングライン)

を決めるときは、アンダーカット(抜けない勾配)

にならないように丁寧に行いましょう。

 

粘土の原型から型を取り、内側に

サフを吹いて研いでおくまでは

これまでの説明通りです。

 

そこから先で若干違う点が二つあります。

一つは割線の横に溝を彫っておくことです。

 

これは意図的にバリを作ることで、

合わせ目を確実に密着させるためです。

 

f:id:jikiningyou:20170307225524j:plain

溝は彫刻刀で削ります。

型取り直後濡れているうちにやってもいいし、

内側を研いでからでも良いです。

 

 

f:id:jikiningyou:20170307232201j:plain

もう一つの違いは、脚などの細長い部品は

関節の球の途中の部分まで、型を取ることです。

 

必ずしもこうする必要はありませんが、

球の部分と筒の部分を別々に作っておけば、

指が届かずに押さえが甘くなるようなことがありません。

 

陶土の場合はこんなことをする必要はありませんが、

歪みやすい石塑の場合はこうしておいた方が無難です。

ただし、お人形の大きさにもよりますが、

腕や上腕は一体で型取りしても良いと思います。

 

 

参考までに他の部品の画像も、

上げておきます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170307230606j:plain

f:id:jikiningyou:20170307230635j:plain

私の場合、頭は顔と蓋で別々に作ります。

耳は外れるようにしておきます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170307231106j:plain

f:id:jikiningyou:20170307231120j:plain

手足は三つに割ります。

手の指には貼り合わせる段階で、

針金を入れて作ります。

 

ズレ防止のツメは、必ず画像のような

四角いものにしましょう。

理由は後述します。

 

・・・続く。

予告!! 張り込み技法講座をやります。

f:id:jikiningyou:20170306122557j:plain

お人形を作るとき、発砲スチロールの中子に

粘土を包む手法を採る方が多いと思いますが、

型の内側に張り込んで作ることもできます。

 

↑今回作った型ですが、私は

全てブッ壊してしまいました。

 

しかしこの型は、ある細工を施すと、

張り込み型として使うことができます。

 

しばらく退屈な作業が続くため

明日からその方法をご紹介しましょう。

 

*-*-*-*-*-*-*

 

f:id:jikiningyou:20170306122730j:plain

今日もデッサン会へ。

 

 

f:id:jikiningyou:20170306122748j:plain

受験生の頃の私にとっては、デッサンなど

入試のための方便でしかありませんでした。

 

しかし今になってつくづく思うのは

こういう地道な訓練が、非常に大切で、

現在とても力になっているということです。

 

 

f:id:jikiningyou:20170306122759j:plain

そのうち超初心者向けにデッサンの

解説講座でもやろうかとも思っています。

 

そうすれば少しはデッサンに興味が出て、

訓練してみようと思う方が現れるかもしれない。

石膏原型・足を作る ・・・ 制作記七十二

f:id:jikiningyou:20170305121413j:plain

いよいよ最後となりました。

足を作ります。

 

足の指のような細い部分は

石膏が入りづらいので、空気抜きのために

指先に溝を切っておきます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170305121529j:plain

石膏の注ぎ口は、踵に開けます。

以前はもっと面倒くさい

やり方をしていたのですが、

このほうが無駄がありません。

 

 

f:id:jikiningyou:20170305122203j:plain

着色に使う弁柄ですが、

このくらいの量で良いです。

 

画像の弁柄は、私が釉薬試験用に

使っている物なので、あらかじめ

百目の篩に通してあります。 

 

篩っておくか、空摺りして

ダマを潰しておけば、事前に

乾いた石膏と混ぜなくても大丈夫です。

その方が添加量を判断しやすくはあります。

 

それと足や腕は小さいため、

二回目の注型で、型いっぱいに

石膏を入れて、そのまま固めています。

 

つまり中空ではなく、無垢の塊になります。

 

こういうと「一回目で、なみなみ注いで

固めてしまえば、いいんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、

それではダメなんです。

 

原理は良く分かりませんが

一回の注型で石膏を満たしてしまうと、

硬化後の表面が荒れます。

 

型の表面付近に水分や気泡が集まるせいか、

鬆が入ったプリンみたいになることがあります。

(↓こんな感じ)

f:id:jikiningyou:20170305123243j:plain

特に型をしっかり水に浸けておかないと、

こうなりやすいです。

それ故一回目は薄く着肉するにとどめ、

必ず余分な石膏は捨てるようにします。

 

 

f:id:jikiningyou:20170305122949j:plain

大過なく足が出来ました。

左脚の玉の際に気泡が入っています。

この部分も、型に空気抜きの溝を

数本掘っておいた方が良さそうです。

 

この後全ての原型が、完全に

乾くのを待ちます。

石膏原形進捗 ・・・ 制作記七十一

f:id:jikiningyou:20170304141402j:plain

ほぼ全ての原型が出来ました。

 

思う所があり、足だけは

後回しにしています。

 

*-*-*-*-*-*-*

 

今回型を壊しながら、効率の良い

砕き方を思いだしたので、

今日はそのコツを紹介しましょう。

 

 

f:id:jikiningyou:20170304141448j:plain

先ずは割線付近を狙って、

鑿を入れます。

 

f:id:jikiningyou:20170304141542j:plain

すると向こう側の型の面が

露出するので、そこを叩きます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170304141841j:plain

ばこっと取れます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170304141905j:plain

位置を変えて、同じことを

繰り返します。

またボコッと取れます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170304141943j:plain

片面が取れたら、反対側も

同じように叩きましょう。

簡単に外れます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170304142114j:plain

小さい部品なら一か所叩くだけで、

全体が一発で取れるでしょう。

的確に石鹸の処理が出来ていればですが。

 

外れにくいようなら、それは

カリ石鹸の効きがあまい

可能性があります。

 

それと注意点としては、顔の場合

一気に全面を外そうとすると、

瞼や鼻を傷つける危惧があります。

 

繊細な部分は、少しづつ細かく砕いた方が

良いかもしれません。

 

 それと石膏の着色は

このくらいの濃さで十分だと思います。

こないだのは、紅柄を入れすぎました。

石膏原形・型を壊す。 ・・・ 制作記七十

f:id:jikiningyou:20170302144952j:plain

注型した石膏が硬化したら、

型を壊して、原型を取り出します。

使う道具は玄翁と百円ショップで買った

マイナスドライバーです。

 

ドライバーを鑿のように叩いて

型を慎重に砕いていきます。

この作業は膝の上でやると良いでしょう。

 

注型一回目に石膏を着色してあるので、

どこまで砕けば良いか、非常に分かりやすいです。

 

 

f:id:jikiningyou:20170302145636j:plain

・・・分かりやすいとか言いながら、

鼻先をやってしまいました。

 

鼻のような周囲より出っ張っている部分は

ありがちなことなので、気をつけましょう。

 

耳も欠けていますが、

砕いた石膏を除去する際に、ドライバーで

こじるように取ろうとしたためです。

 

大きな塊を、ぐりっと外そうとすると

原型が欠けたりするので、

これも気をつけましょう。

 

修正は石膏が乾いた後で行います。

鼻はパテで埋め、耳はかけらを取っておき、

接着剤でくっつけます。

 

 

f:id:jikiningyou:20170302152444j:plain

バリや鋳込み口など、出っ張っている部分は

石膏が乾く前に削っておくと良いでしょう。

 

私は胸部脇の部分を抉っていますが、

これは服の厚みで腕が

下がらなくなるのを妨ぐためです。

 

この部分は身頃の切り替え線(脇縫い)が

来るため、縫い代がかさばります。

 

人形の場合、布の厚みの影響を

受けやすいので、こういう工夫が

必要になってきます。

 

私は間違えて粘土原形の段階で

溝を作ってしまいましたが、

石膏の段階で削った方が良いでしょう。

 

 

f:id:jikiningyou:20170302154019j:plain

バリなどを削り終ったら、

一度完全に乾燥させます。

 

このやり方なら玉受けも、

しっかり作ることができます。

石膏原形を作る・其の四 ・・・ 制作記六十九

f:id:jikiningyou:20170302021330j:plain

ブログ記事の題名が

分かりづらいようなので、

今日から規格変更してみる。

 

 ・・・石膏原形の続きです。

 

 型に何回か石膏を流すのですが、

一回目は、顔料で着色しておくと

後で分かりやすいです。

 

使う顔料は、粒度が細かければ

何でもいいと思います。

 

私は弁柄を使っています。

理由は比較的安価なのと、

手元にいっぱい余っているからです。

 

混ぜる量は少し色が付けば良いので

少量で良いです。

入れすぎると石膏が

脆くなるっぽいです。

 

f:id:jikiningyou:20170302021545j:plain

あらかじめ少量の石膏を取り、

それに顔料を混ぜておくと良いでしょう。

 

画像では色が薄く見えますが、

水を加えると濃くなります。

むしろ入れすぎたくらいです。

 

手順としては、先ず用意した水に

着色した石膏を混ぜ、

あとは必要なだけ普通の石膏を

投入すれば、無駄がありません。

 

石膏を溶いたら型に注ぎます。

全体に石膏が付着するように、

ぐるりぐるりと静かに型を回しつつ、

すぐに余分な石膏を排出します。

 

一人で作業しているため、

撮影はできませんので、

想像してください。

 

一回目は中の石膏を

すぐに捨てないと、

カリ石鹸が利かなくなると言われます。

 

f:id:jikiningyou:20170302022633j:plain

上の画像は一回目を捨てたところです。

流し込んだ石膏がほぼ硬化したら、

同じ作業を何度か繰り返します。

 

開口部が大きい場合はスタッフを使い

あと二三回張り付ければ良いのですが、

この場合は、何回も

流し入れるしかありません。

 

回数ですが今回の場合、

胸や腰など大きい部品で六回、

足や腕など小さい部品で四回もやれは

十分でしょう。

 

f:id:jikiningyou:20170302024117j:plain

 注ぎ口が小さい物は

詰まりやすいので、一回ごとに

石膏を拭き取っておくと

良いでしょう

 

 

f:id:jikiningyou:20170302024843j:plain

注型が終わったところです。

いくつか型を並べて、

同時に行うと作業が効率的です。

 

特に二回目以降は、気泡の混入とかを

気にしなくて良いので、

いっぱい並べて一気にやっても良いです。

 

 

 

・・・・・・眠い。

 

この続きは明日にさせて下さい。